読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はしくれエンジニアもどきのメモ

情報・Web系技術の勉強メモ・備忘録です。

Windows XPにあれこれしてLinux Ubuntu14.04(32bit)をインストールしてみた話(その1)

Linux

 年内に終わるかと思ったが予想以上に時間かかった。。

Core2DuoのWidowsXPノートパソコンをもらって、捨てるのももったいないのでLinux化してみた話。結果的にネットできるとこまでいけました。

とりあえず、順番にやったことを記す。

 

1.どのLinuxにするか

 Linuxにも種類があるが、過去にVisualPlayerでUbuntuを仮想化して起動したことがあったのでUbuntuに決定。

 

2.バージョンをどれにするか

 現時点で最新は14.10。それの1個前が14.04LTS。

LTSというのがサポート期間が長いようなので、サポート期間を気にしている身としてはUbuntu 14.04に決定。

さらに、家族用を意識して日本語版に決定。日本語Remix版と呼ばれ、以下でisoファイルをDLできる模様。

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu Japanese Team

 

3.Ubuntuの導入のやりかた

 主に4つ

最後の仮想化が一番楽だが、サポートの切れたXPでは意味ないので、選択肢から除外。そもそもある程度スペック良くないと難しい。

 WindowsXPも今後使うこともないので、ライブメディアを作ってフルインストールしてみる。

 

4.とりあえずライブメディアを作ってみる。

  100均で空のDVDを買って、isoファイルをライティングソフトで焼いてみた。

すると、エラーが出て、ご丁寧に「ディスクの質が悪いかもしれません。」と。

長持ちする必要ないから100均と思ったが、まさか書き込みすらできないとは流石100均台湾製

 ここで諦めて、空のDVDやらUSBメモリを買ってライブメディアを作ったり、日経Linuxでも買ってたら、こんな記事を書くこともなかったが、なんとかライブメディアなしでのインストール方法を模索してみた。

それがWubiでのインストール。これが茨の道になるとは。

 

5.Wubiとは

 Wubiは、Windows上で起動できて、WindowsUbuntuデュアルブートできるようにする優れもの。MacでいうところのWindowsデュアルブートできるようになるBootCampのようなもの。

 詳細なインストールの方法はここでは省く。参考になるサイトは

UbuntuTips/Install/WubiGuide - Ubuntu Japanese Wiki

などggrばけっこうあるし簡単。

 

 Wubiは、Wubi.exeをWindows上に置いて叩けばいいのだが、どうやら3パターンある。

  • デフォルト(exeを叩くだけ):64bitのUbuntuをオンラインでDLしてインストール
  • そのWubi.exeに対応しているisoファイル(64bit)をexeファイルと同じ階層に置いて、そのisoファイルからインストール
  • 32bitをインストールしたい場合、32bitのisoファイルをexeファイルと同じ階層に置いて、Wubi.exeのショーカットを作成して、リンクにオプション"--32bit"を追加して、ショートカットから起動してインストール

ここで、XPをネットに繋ぎたくないので下2つの方法が重視される。

 

6. Wubiでのインストールの準備

 Wubiについて勘違いと失敗をしたので、ここで明記しておく。

結果だけ知りたい人は後ろへ

 

  • 勘違い・失敗1:Ubuntuのisoファイルの中にwubi.exeが入ってる?

 浅野直樹の学習日記 | wubiでlubuntuをインストールするや他のブログでisoファイルの中のwubi.exeを使うような記述がありました。なので、XPにDLしていおいた14.04日本語Remix版「isoファイル」と仮想化の「DeamonTool」の2つを送ればインストールできると思ったのですが。。

覗いてみたところ、wubi.exeは入ってませんでした。。

 

  • 勘違い・失敗2:DLしておいた14.04日本語Remix版のisoファイルと14.04のwubi.exeでインストールできる?

 上の方法が失敗したので、別の方法として、XPにDLしておいた「日本語Remix版のisoファイル」と「wubi.exe」でインストールできるか試してみました。

昔のバージョンであれば、先人のブログでは

wubi で Ubuntu 10.10(デスクトップ版 日本語 Remix)をインストールする - ライ麦畑で、つか、前見て

できるみたいなのですが。。

 結果、wubi.exeがローカルにisoファイルがあると認識してくれず、オンラインで繋ごうとして失敗。

ならば、正しいisoファイルを探すかとなり・・・

 

  • 勘違い・失敗3:14.04のisoファイルは複数ある?

  wubi.exeに対応するisoはどれなのかと探し、結果としてはwubi.exeのところにおいてあるisoを使えばいいという結論です(当たり前っちゃ当たり前ですが)。

Ubuntu14.04のisoファイルを探すと、3種類ありました。

ファイル名64bit : ubuntu-14.04.1-desktop-amd64.iso

                 32bit : ubuntu-14.04.1-desktop-i386.iso

ファイル名64bit : ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso

                 32bit : ubuntu-ja-14.04-desktop-i386.iso

ファイル名64bit : ubuntu-14.04-desktop-amd64.iso

                 32bit : ubuntu-14.04-desktop-i386.iso

 

 Wubiを使うのであれば3つ目のファイルを使用すればOKです。

タイトルに14.04.1と入っていて、ファイル名は14.04となっているのでややこしいのですが、

まとめると、

Wubiで14.04を使いたい人はUbuntu 14.04.1 LTS (Trusty Tahr)から「wubi.exe」と「 ubuntu-14.04-desktop-amd64.isoまたはubuntu-14.04-desktop-i386.iso」をDLすればOKです。

 

 これでインストール(wubi.exeが完了して再起動するところまで)できました。

f:id:cartman0:20150104162535g:plain

 

しかし、簡単にデスクトップ画面にたどりつけたかというと、また別の話で、その2に記す。

WindowsXPにあれこれしてLinux Ubuntu14.04(32bit)をインストールしてみた話(その2) - はしくれエンジニアもどきのメモ