はしくれエンジニアもどきのメモ

情報・Web系技術・Englishの勉強メモ・備忘録です。

GitHubでWebページを公開してみる

GitHubでWebページを公開してみる

git にまだ不慣れなのでメモとして残しておきます。

GitHubでWebページを公開

  1. 「index.html」という名前で公開したいhtmlファイルを作る。

    php は動かないようです。)

  2. GitHubユーザページに新しいリポジトリを作成する。

    GitHub ユーザページに新しいリポジトリを作成の画像
    GitHubユーザページに新しいリポジトリを作成

    既存リポンジトリ内に作りたい場合は飛ばして4へ

    (GigHub for Windowsでも作れますが、publishできないときがあったので、GitHubユーザページで作るのがいいと思います。)

  3. 新しく作ったリポジトリをclone する

    コードの場合

    git clone https://github.com/<ユーザー名>/<リポジトリ名>.git

    GitHub for Windowsの場合

    左上の + をクリックして、Clone を選択すると作ったリポジトリが表示されるので、それをcolne する。

    GitHub for Windows でのclone の画像
    GitHub for Windows でのclone
  4. リポジトリ内にファイルを追加して add -> commit -> push(publish)をする。

    コードの場合

    git add *
    git comit -m "<適当なメッセージ>"
    git push origin master
    

    GitHub for Windowsの場合

    ファイルが追加されたことを確認して、コミットメッセージを書きcommitして、右上のpublish をする。

    GitHub for Windows でのcommit and publishの画像
    GitHub for Windows でのcommit and publish
  5. 「gh-pages」という名前のbranch を作成し、切り替え。

    リモート(GitHubページ)の場合

    gh-pages という名前のbranch を作成して切り替え(リモート(GitHubページ)の場合)の画像
    gh-pages という名前のbranch を作成して切り替え(リモート(GitHubページ)の場合)

    GitHub for Windowsの場合

    以下のように新しいbranch「gh-pages」を作って、publish すればokです。

    gh-pages という名前のbranch を作成して切り替え(GitHub for Windowsの場合)の画像
    gh-pages という名前のbranch を作成して切り替え(GitHub for Windows の場合)
  6. アクセス!

    http://<ユーザー名>.github.io/<リポジトリ名> でアクセスできます。

    試しに作ったのが↓のページです。

    http://cartman0.github.io/test/

  7. Webページを更新する場合

    公開されるのは「gh-pages」のblanchの方なので、最終的に「gh-pages」に更新ファイルをpush する必要があります。

    gh-pages にpush し、問題なかったらmaster へmerge するような管理でいいと思います。

広告を非表示にする