はしくれエンジニアもどきのメモ

情報・Web系技術・Englishの勉強メモ・備忘録です。

Chromeで、ローカル開発中のCrossDomainを一時的に解除

Chromeで、ローカル開発中のCrossDomainを一時的に解除

APIAjax を使用しているとローカルのHTMLファイルでもCrossDomainに引っかかることがあります。 そこで、Chrome のCrossDomain を一時的に解除する方法をメモしておきます。

環境

使用環境は以下です。

CrossDomain のエラー

CrossDomainのエラーでは、コンソールに以下のように表示されます。 CrossDomainのエラー

CrossDomain を一時的に解除

コマンドプロンプトを開いて、 以下のオプションを付けてChrome を起動すると、 一時的にCrossDomain を解除できます。


C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe --disable-web-security

// Pathが通っているなら
chrome.exe --disable-web-security

CrossDomainを一時的に解除してChromeを起動

CrossDomainを解除して、Chromeを起動すると、Chrome のリンク下に以下のような警告が表示されます。 一時的に解除して起動できた場合

広告を非表示にする