はしくれエンジニアもどきのメモ

情報・Web系技術・Englishの勉強メモ・備忘録です。

WSL2のインストールメモ

WSL2のインストールメモ

Windows10 ver2004からWSL2のインストールが可能になったのでそのメモ.

以下のドキュメントの手順に従えばインストール可能.

docs.microsoft.com

環境

  • Windows10 64bit

導入手順

  1. Windows10をver2004へアップデート

    `winver`コマンドでバージョンが2004以上になっているかを確認する.

    winverでバージョン確認

    2004未満の場合は以下のページからアップデートする. https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028685/windows-10-get-the-update

  2. Windows TerminalをMicrosoftStoreからインストール

    WSLはcmdやpowershellからも起動できるが, WindowsTerninalではタブ利用もできて便利なので今回はこちらを利用する. MicrosoftStoreからインストールできる.

    www.microsoft.comPreviewと名前が付いているのはプレビュー版になるので注意)
  3. wsl2を使うのためのオプションを有効にする

    Windows Terminalを管理者権限で起動する.次のコマンドを実行する.

    dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
    
    wsl2のバージョン設定
  4. wsl2を有効にするためにPCを再起動

    こうすると"LinuxWindowsサブシステム"が有効になり,その内部でHyper-Vが有効になる."Windows"の機能から確認できる.

    Windowsの機能
  5. wslのデフォルトバージョンを設定する

    wsl --set-default-version 2
    wsl2のバージョン設定

    ※アップデートを求められたらWSL 2 Linux カーネルの更新 | Microsoft Docs から手動で更新する.そしてWindowsTerminal(powershell)を再起動して再度コマンドで設定する.

  6. Ubuntuなどの好きなLinuxディストリビューションをMicrosoftStoreからインストール

    今回はUbuntu20.04LTSをインストールする.

    MicrosoftStoreからLinuxディストリビューションをインストール
  7. ディストリビューションを起動・設定する

    起動方法は主に3種類ある.

    起動するとコマンドプロンプトが開き初期設定が始まる.

    次に,ユーザー名とパスワードを設定する. Linux ディストリビューションのユーザー アカウントを作成および更新する | Microsoft Docs ユーザ作成に成功するとそのユーザでログインし,以下の画面になる.

    ログイン
  8. インストールされているパッケージの更新

    次のコマンドでパッケージカタログの更新とインストールされているパッケージの更新を行う.

    sudo apt update && sudo apt upgrade
    パッケージのアップデート

    インストール済みパッケージを調べるには`dpkg -l`

    dpkg -l
    

    gawk,gcc,grep,gzip,man,mawk,perl,python3,wgetなどなどが入ってることがわかる.qで抜けられる

    インストール済みパッケージ

    行頭がDesired, Status=ii になっているものがインストール済みになる. -lオプションのあとに<pattern(glob)>を入れるとインストールしてないものも表示される. grepでインストール済みのものを表示できる.例えばvimを調べるには

    bash
    ~$ dpkg -l vim | grep ^ii
    ii  vim            2:8.1.2269-1ubuntu5 amd64        Vi IMproved - enhanced vi editor

    Linuxから抜けるには exitでログアウトできる.