はしくれエンジニアもどきのメモ

情報・Web系技術・Englishの勉強メモ・備忘録です。

Windows 10 October 2018 Update(1809)のインストールメモ

Windows 10 October 2018 Update(1809)のインストールメモ

creation toolを使ってWindows10 1803からWindows 10 October 2018 Update(1809)をインストールしたので所感などのメモ.

環境

  • Windows10 1803 からインスト―ル

Windows 10 October 2018 Update(1809)のインストール方法

creation toolを使う場合

creation toolを使うと次の3パターンができる.

  • そのままアップデート
  • インストール用のUSB作成
  • インストール用のISOをDL

Windowsから次のページにアクセスすればDLできる. 案内に従っていけば実行できる.

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

Note:

  • 空き容量が8GB必要になる.
  • 特にレジューム機能がないのでcreation toolが止まると最初からDLが始まる.
  • メインドライブ(Cドライブ)を圧縮していると「現在のアクティブなパーティションは圧縮されています」と表示され,インストールできないので注意.

    「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」

インストール用のUSB作成する場合

Note: - OSがインストールされているメインドライブ(Cドライブ)とUSBメモリの空き容量が8GB必要になる.(外付けHDDがあってもエラーが出る.) - USBメモリへの書き込みが失敗すると,こちらも最初からDLが始まる仕様である.

書き込みに失敗する場合

USBメモリのフォーマットをクイックでなくNTFSでフォーマットする.

Shadow Storageのサイズが少ないとエラー"VISSAADMIN Resize Shadow Storage"が出る場合がある.以下のフォーラムにShadow Storageのリサイズ方法が載っている.

VISSAADMIN Resize Shadow Storage

Shadow Storageという名前だが,復元ポイントの使用領域になる. GUIで操作する場合,

  1. エクスプローラーを開く
  2. [PC]を右クリックして[プロパティ]をクリックして[]システム]を開く
  3. 左にある[システムの詳細設定]をクリック
  4. [システムの保護]タブを開く
  5. [利用できるドライブ]から[Cドライブ]を選択.
  6. [構成]ボタンをクリック
  7. [ディスク領域の使用量]からスライドバーを移動させてサイズを決める.
    [ディスク領域の使用量]

creation toolを使わずisoファイルを直リンでDL

ただし,Windows以外の端末から以下のページにアクセスする必要がある.Windowsからアクセスしたい場合はUA偽装などをする必要がある.

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

[エディションの選択]で[Windows 10 October 2018 Update]を選択すると,isoのリンクが出てくる.ただ,リンクの有効時間は24時間になる.

isoファイルの直リン

この方法だと,wgetcurlなどでレジュームしながらDLできる.

Windows 10 October 2018 Update(1809)での変更点

特に自分が気になった点をまとめる.

BIZ UDフォントの追加

ゴシック体であるBIZ UDゴシックとプロポーショナルのBIZ UDPゴシックの各ノーマル,boldでの4種類と, 同様に明朝体であるBIZ UD明朝の4種類の計8種類が追加された.

英字の大きさを見るとプロポーショナル版のほうが使いやすいようにみえる.

読みやすいフォントなので,游ゴシック,メイリオ,SegoeUIの代替としてスライドなどに使いやすいフォントだと思う. ただ,ウェイトがノーマルとboldの2つしかないので,ウェイト追加購入しないと他のデザインに使えない可能性が高い.

左:BIZ UDゴシック,右:BIZ UDPゴシック

Snipping Toolの進化

完全に消えたわけではなく,Snipping Tool自体起動できる. 起動すると,下部に新しいツール[切り取り & スケッチ]を試すよう訴求が出る.

[切り取り & スケッチ]