はしくれエンジニアもどきのメモ

情報・Web系技術・Englishの勉強メモ・備忘録です。

Illustrator, Inkscape でオブジェクトの変形(拡大・縮小、反転、傾斜)

Illustrator, Inkscape でオブジェクトの変形(拡大・縮小、反転、傾斜)

前回は、「自由変形」と「回転」について、行いました。

cartman0.hatenablog.com


今回は、Illustrator, Inkscape それぞれでの オブジェクトの変形(拡大・縮小、反転、傾斜)のメモです。

Illustrator の場合

拡大・縮小ツール

正方形のみの幾何模様

「拡大・縮小ツール」を使って、 正方形のみの幾何模様を作ってみます。

  1. まず、Shift + ドラッグで、正方形を描く。

  2. 「拡大・縮小ツール」をダブルクリックして、 拡大縮小ダイアログを出す。

    拡大縮小ダイアログ
  3. 「縦横比を固定」の「拡大・縮小」を 80% に変更して「コピー」。

    拡大縮小ダイアログで値を指定
    拡大・縮小コピー
  4. Ctrl + D で、「変形の繰り返し」をして完成。

    「変形の繰り返し」で完成

台形

「拡大・縮小ツール」を使って、 台形を作ってみます。

  1. まず、長方形を描く。

  2. ダイレクト選択ツールで上辺となる2つのアンカーを複数選択 (Shiftを使う)。

  3. ドラッグして調整する場合は、 アンカーをクリックしたまま、 Ctrl + Shift + Alt を押したままドラッグする。
    [イラストレーター]自由変形ツールで台形を作る|Illustrator・Photoshop・InDesign マスター教室 アドビ認定インストラクター★まきのゆみが指導!

    数値指定する場合は、 「拡大・縮小ツール」をダブルクリック。

    拡大・縮小ダイアログ
  4. 数値指定を指定して台形の完成。 下図の例では、70%と指定。

    台形(上底は下底の70%)

リフレクトツール(反転)

「リフレクトツール」で、リボンのような図形を作ってみます。

  1. まず、「多角形ツール」で正三角形を描く。 そして、「回転ツール」で-90°回転する。

  2. 各アンカーを「アンカーポイント切り替えツール」で、 角を丸める。

    f:id:cartman0:20151015030706j:plain

    「アンカーポイント切り替えツール」で、 角を丸める
  3. 「選択ツール」でオブジェクトを選択してから、 「リフレクトツール」をクリック。 反転するときの基準点をAlt + クリックで変更すると、 リフレクトダイアログが出現する。

    f:id:cartman0:20151015030708j:plain

    リフレクトダイアログ
  4. 「リフレクトの軸」を「垂直」にして「コピー」 して、グループ化して完成。

    リフレクトの軸を変更
    完成(リボンのような図形)

シアーツール(歪み)

平行四辺形を描いてみる。

  1. まず、長方形を描く。

  2. 「シアーツール」をダブルクリックすると、 シアーダイアログが出現する。

    シアーダイアログ
  3. 角度を入力して、平行四辺形を作る。

    平行四辺形

Inkscape の場合

Inkscape の場合も同様の処理ができるのか試します。

拡大縮小

「変形」から「拡大縮小」ができる。

  1. 「矩形ツール」で、Ctrl + ドラッグ で正方形を描く。

  2. Ctrl + Shift + M で「変形」を出しておく。

  3. Ctrl + D で、「複製」する。

    「変形」の「拡大縮小」タブに切り替え、 数値を入力。

    f:id:cartman0:20151015031013j:plain

    「拡大縮小」タブ
  4. Ctrl + D 「複製」、「拡大縮小」の「適用」の繰り返す。 グループ化して完成。

    image/svg+xml
    正方形幾何模様

選択ツールで反転

Inkscape には、リフレクトツールはないが、 「選択ツール」で反転できる。

  1. 「星形ツール」で、「角:3」にして、 「丸め」 も設定し、三角形を描く。

  2. 「選択ツール」にしておく。 回転の軸を変更する。

    続いて、オブジェクトを「複製」で複製する。

    そして、上部の「選択オブジェクトを水平方向に反転」 をクリックする。 グループ化して完成。

    「選択オブジェクトを水平方向に反転」 をクリック
    image/svg+xml
    リボンのような図形

傾斜

「変形」の「傾斜」タブで数値指定できるので、 平行四辺形を作ることができる。

  1. 長方形を描く。

  2. 「変形」で「傾斜」タブを呼び、 角度を入力し「適用」。 で、完成。

    傾斜タブ
    image/svg+xml
    平行四辺形

台形の描き方

Illustrator のドラッグで作るのと同様に、 ノード(アンカー)をずらす。

  1. 長方形を描く。 そして、パスに変換する。

  2. 「ノード選択ツール」で、ノードをドラッグしてずらす。 または、上辺にあたるノード2つを複数選択し、 Ctrl + ,または、 Ctrl + . で辺の長さを調整する。

    ノード選択
    image/svg+xml
    台形

広告を非表示にする